有名人の写真やロゴを使ってクラスTシャツ作るのは著作権が必要?

有名人の写真やロゴを使ってクラスTシャツ作るのは著作権が必要? 文化祭などの学校行事でクラスTシャツを作る事がありますが、その時に有名人の写真やブランドのロゴなどを使う場合は、事前に著作権の使用許可を取っておく事が必要です。
著作権とは、アニメに登場するキャラクターやミュージシャンが作り出した楽曲、企業やブランドのロゴや商品など、世の中に存在するあらゆるものに与えられている第三者が無断でそれを使用できないようにしている権利で、この許可を取らずに無断で使用すると明らかな法律違反となってしまうからです。
アイドルやタレント、スポーツ選手などの有名人の写真や動画、その似顔絵などを使う事も出来ません。
著作権法第35条には、学校などで授業に必要な場合は許可を取らなくても使用して良いと示されているのですが、一方には文化祭などの行事は授業の一環として認識できるが、その際にクラスTシャツを作るという事は必ずしも学校で行う必須カリキュラムには含まれないという考えがあり、とりわけSNSへの無防備な拡散を嫌う企業は安易な許可を許さない傾向にあります。
無断であるキャラクターを使用した学校が、その著作権を持つ企業からキツイお咎めを受けた実例もありますので、この法律は決して無視して通る訳にはいきません。
許可を得る為には、学校の行事で使用するので営利、販売目的でない事や実際に作る枚数、使った後の不用意な拡散を防ぐ処分方法や管理方法、当然の事ながら、そのTシャツが写っている写真や画像をネット上にはあげない確約などが必要です。
基本的に厳しい審査になりますが、許可のないまま注文してもどこのプリント会社も引き受けてくれませんので、使用したい場合には必ず事前の許可を取る事が大切です。

文化祭のクラスTシャツの著作権問題

文化祭のクラスTシャツの著作権問題 文化祭などでクラスTシャツを作る時に問題になるのが、著作権に関する事柄です。
世の中にあるアニメのキャラクターやアーティストが作り出した楽曲や創作物、企業やブランドの持つロゴや各商品には法律で守られている著作権という権利があって、これを権利者の許可なく関係のない第三者が無断で使用すると法律違反になるからです。
事前に許可を得れば良いのですが、そうでない場合には、ネット上に掲載されている写真やイラストはもちろん、自分でオリジナルに書いた似顔絵なども使用禁止です。
著作権法第35条にて、学校などの教育機関で授業に使用する場合は許可を取らなくても良いとされていますが、一部には、文化祭などの行事は授業の一環として理解できるが、クラスTシャツを作るという事は必ずしも授業に必要な内容ではなく、ましてや著作権に触れる恐れのある素材を使ってまでする事ではないという意見があり、過去には許可を得ずにあるキャラクターを使用した学校が、相手先の企業からキツイ処分をされたという実例もあります。
使用の許可を得る為には、営利目的、販売目的ではない事を伝え、どういう事の為に何枚作り、使った後には誰にも譲らず処分かきちんと保管をする事、SNSなどに投稿して拡散させないといった条件提示が必要になります。
とりわけSNSへの不用意な拡散を嫌う企業は厳しい対応を取るものですが、それでも使いたい場合には、必ず事前の許可を取るようにしなければなりません。
せっかくの揃いのTシャツが嫌な思い出として残らないよう、問題を未然に防ぐ意味でも、きちんとした把握と大人の指導が大切になっています。

おすすめの「クラスTシャツ」関連リンク

オリジナルTシャツ年間25,000件作成する会社のサイト

クラスtシャツ